こだわりまくった姉の注文住宅

姉は昔から本当におしゃれでした。洋服はもちろん、インテリアにもかなりこだわっていて、大学生になって一人暮らしをしたときも自分でフロアマットを敷いて部屋の雰囲気を変えたりして楽しんでいました。
そんな姉が注文住宅を建てることになったのですが、これが本当に驚くほどオシャレだったのです。姉はもともと北欧系の家具が好きだったのですが、姉の持っている家具に完全にマッチするように計算されつくして家を建てたそうです。
まず外観はかなりシンプルでコンクリートむき出しの部分と木を使った部分があり、内部も漆喰が塗られていておしゃれでした。姉がこだわったのは色使いだそうです。トイレがビビットなオレンジだったり、壁も一角だけ暗いグリーンを使っていたり、部屋毎に天井の色を変えたりしていました。壁にかなりアクセントがついているのでカーテンは無地のシンプルなものにしていました。
フローリングも階段だけ違う色にしたりしていて、細部までこだわりまくっているのが伝わってきました。お金は結構かかったそうですが、かなり満足しています。