ゼロエネルギー住宅に関することで

そもそもゼロエネルギー住宅とは、平たく言いますと以下の条件を満たした住宅ということです。

1.省エネ法に基ずいた建築・設備によって減少したエネルギー消費量と創エネによって、創り出されたエネルギーの合計が、その建物で消費される標準のエネルギー消費量と等しいか多い。

2.一定の断熱性能ー断熱性能が「省エネ法」で定める基準値以下であることが必要です。

断熱性能は日本を北海道から沖縄まで6つの地域に区分けして、それぞれについて熱損失係数の基準値が定められています。

3.自然エネルギーー「ゼロエネ住宅」特有の要件で、自然エネルギー等を取り入れた、先進性が認められる設計手法・制御機構が不可欠とされています。

4.計測装置ー「エネルギー使用量」と「創エネルギー量」を計測してデータを蓄積、表示できる計測装置の導入が必要です。

計測は30分間隔で行い、1日単位のデータを13か月以上蓄積可能なものが条件です。

5.太陽光発電システムーゼロエネ住宅には「創エネ」が不可欠なため、太陽光発電システムも必須条件に挙げられています。これは他の発電システムと比較して、現状では太陽洸に

よる発電が最も効率的なため、定められているものです。

家づくりにおいて断熱性というのは重要なポイントです。いくらエアコンなどで部屋の中を温めたとしても、家自体の断熱性が優れていなければ熱が逃げてしまい意味をなさず、電気を無駄に消費するだけに終わってしまうのです。

では断熱性を高めるにはどうしたらよいかといいますと、家の素材をコンクリートしたり、断熱材の素材に拘ってみたりといったことが挙げられます。

基本中の基本ではありますが、家の中の隙間をなくすということも大切ですね。そのためには窓が重要となってきます。

窓というのはたくさんの熱が逃げてしまう場所だと言われています。場合によっては半分程の熱が失われているのだそうです。このような点からも窓には断熱性を高める上でなくてはならない場所だといえるでしょう。

窓の断熱性を高めるには二重窓にするという方法があります。その際に窓枠を樹脂などにするとより高い断熱性を得ることができます。また、ガラスを多層ガラスや断熱ガラスにするのも効果的です。

<特別サポート>クレジットカードの即日発行じゃけん|アダルトアフィリエイト|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|